格安電話占い 函館占いナナの四柱推命鑑定術 占い四柱推命

函館の占いナナの四柱推命鑑定術は、EXCELを使い独自に開発した【占い四柱推命鑑定術】で、あなたの生年月日生時から解る多くのデーターを詳細に分析、ご自身の人柄・気質等を基本に【相性/恋愛/結婚/仕事/健康/生涯運】等の今後の様々な運命運勢を鑑定致します。占う方法は安い電話占い/対面鑑定/鑑定書で考察します。















三国志 Three Kingdoms 全95話日本語 動画

  第7部全95話まで編集終了   音声/字幕:日本語


                   sangokusi three kingdoms  
視聴した感想

1991~1994年に製作された『三国志演義』は、主人公格は劉備・諸葛亮ら蜀漢陣営であり、
悪役は曹操ら魏陣営、両陣営の対立を主に扱っているため、孫堅陣営は義でもなく奸でも
ない曖昧な扱いです。

『三国志 Three Kingdoms』は、中盤までは曹操がこのドラマの主人公に描かれ、曹操の中原
征服の覇業を中心としたストーリーの流れになっているように思います。
終盤は魏国を中心に曹族の権力闘争、蜀の衰退に変わっていくという、ストリーの展開には大変
満足しています。 また、諸葛亮は世界史初の過労死でしょう。

配役の起用(劉備・諸葛亮・特に関羽)に 物足り無さを感じてしまいましたが、
全編を通して、登場人物の気質・性格の特徴を“くっきり”と浮かび上がらせる脚色・演出は大変
素晴らしいと思います。

水鏡先生曰く、「孔明は主を得たが、時を得られず」と言った意味は、
曹操は中原一の覇者、劉備の年齢はすでに50歳、一から大業を成すには先が短い。

時世に乗れる人、才があれど短命な人、能力や成功に驕って転落する人、長く活躍し続ける人、
長寿で終わる人、等々、人のあり方・生き方を教えてくれる大作です。

能力があってもなくても、人柄はどうあるべきかを現代にもそのまま通じる「モノサシ」になると
言えるでしょう。




関連記事
[ 2012/04/22 20:45 ] 日 記 | TB(0) | CM(0)

 偉人 孔子って!

       左向き壁ろうそくシャンデリア黄色いろうそく右向きcandle1.jpg
        75       バラのウエルカム  75  75



占いのおばさんが今更語るのも何々ですが、

孔子は紀元前550年頃から490年頃、中国の周の末期、

春秋時代 魯の国に生きた人です。

孔子の教えに論語等あれこれありますが、

『敬われる人』になる為の道理や倫理を語り、人としての生き方を指導する教師を

生業にした、民間初の私学振興の祖と言えるでしょう。

「人として敬われる為の考え方」、指針です。

後に弟子達が孔子の言葉を書き綴った『論語』、礼儀と徳に基づいた秩序を重んじる

『儒教思想』として広く中国全土、朝鮮半島、日本に普及、

現代では孔子の研究者は世界中におり、大学等で研究されています。


TVドラマは少年時代から始まり、15歳に母の埋葬に苦労、命を繋ぐ為に馬小屋で

働き、20代の頃まで下男の様な暮らし振りでした。

第七章、
今日のストーリーは30代に妻と幼い息子を(妻の実父は裕福)残し弟子を連れ、

乱世の魯の国を出て、仕官を夢見て斉の国に3年間居ましたが、

夢破れ失意で魯国に帰国する内容でした。

帰国の際に斉国の王に「笙の演奏会」に招待されています。

無念を抱いて帰国するのに、「笙」の楽曲への感動が3ヶ月も続いて、

失意の無念を消し去ったとのことです。

天才や芸術家の魂というのは、貝が真珠を育てるように、

『無念』が輝きを磨くように思いました。

BS日テレ月/火 PM6:00~



関連記事
[ 2012/04/03 20:25 ] 日 記 | TB(0) | CM(0)